space 顧客戦略8つのポイント ソフト無料体験版 お客様の声 セミナー情報
ソフト機能紹介 通販企業の方はコチラ 資料ダウンロード お問い合わせ
あなたは新規客をリピート客にする仕組みを持っていますか?
突然ですが、事業を行っていく上で一番お金がかかるのは何だと思いますか?
それは「新しいお客様を見つけるのにかかるコスト」なのです。

たとえば、新聞に折り込みチラシをいれて新しいお客様を見つける場合を考えてみましょう。

仮に30万円の予算を使って6万人に折り込みチラシを入れたとします。
一番気になるのは6万人の中からどのくらいの人が買ってくれるかですよね。
買ってくれる人がいなければ30万円が全くの無駄になってしまいますので慎重になるのは当然です。

昔「センミツ」という言葉がよく聞かれましたね。覚えておられますか。

これは1000人がチラシを見てその中から3人が買ってくれるという意味ですよね。
つまり、1000人の中で3人ですから0.3%の反応ということになります。

しかし、今では、0.3%どころか0.1%の反応がとれたら良い方だとの声も聞きます。

そこで、仮に0.1%の反応があるとして客単価3000円の商品をあつかっている会社(商店)を考えてみましょう。

まず、どのくらいの売上になるかを計算してみますね。

6万人× 0.1%=60人が買ってくれます。
そして、売上=3000円× 60人=18万円となりますね。

売上18万円に対して広告予算が30万円ですから、これでは採算のとれないことがわかります。

そこで、何をすればよいのでしょうか。
まず、この人たち全員に2回目の注文をしてもらえればよいのではないかと気付きます。

もし、全員が2回目を買ってくれたとすれば、
1回目の売上18万円+2回目の売上18万円=36万円となり広告予算30万円を越えますのでこれで採算のとれることがわかります。

もっと厳密にいえば、売上でなくて粗利で考える必要があるでしょう。
つまり、粗利が70%とすれば売上36万円× 70%=25万2千円になりますので、まだ採算が取れないという考え方ですね。

ともかく、
1回目に購入した人に2回目を買っていただくこと

が、とても重要であることをご理解いただけたでしょう。

では、2回目を購入していただくためにはどうすればよいのでしょうか。

それは、はじめて購入した人に対して
まず「御礼状のハガキ」を送ります。

そして2週間後に、
「商品の使い方(飲食であれば飲み方や食べ方)についての情報」

さらに2週間後に、
「よくいただく質問に対してお答えした情報」

さらに2週間後に、
「購入された人の体験談の情報」

さらに2週間後に、
「商品の機能について(飲食であれば成分について)の情報」

さらに2週間後に、
「使い続ける理由についての情報」

という内容のハガキを6回続けて送るのです。

つまり、
「あなたが買われた(選択された)商品は間違いありません。折角買って(利用して)いただいたのですからより高い効果を出していただくためにも、ぜひあなたに知っていただきたい商品の情報をお伝えしますのでお読みください」という気持ちで情報をお送りするのです。

いくら良いモノでもお客様に「商品(サービス)の良さ」を知っていただかないとリピート購入は考えられませんからね。

このような情報を送って2回目の購入を促進するのです。

この方法が有効なのは当社のお客様ですでに実証済みですので自信をもってオススメできます。

ただし、商品が良いということが前提になりますので、その点はご理解ください。
商品が悪い(粗悪品など)であればリピートがないのは当たり前ですからね。

ぜひ、あなたもだまされたと思ってこの方法を実践してみませんか。
きっとリピート率が向上するはずです。

でも、お客様が増えてきたら
「2週間ごとにハガキを送る」という作業が大変になります。

「今日は誰に何回目のハガキを送るのだっけ?」
というようになります。

そこで、この作業を支援するのが弊社で開発しました
顧客管理システム(商品名:顧客サポートシステム)」なのです。

例えば、3月27日になって顧客サポートシステムの画面を開くと、
•山田花子さんに1回目(御礼状)のハガキを送ってください
•田中洋子さんへ2回目(商品の使い方)のハガキを送ってください
•加藤みどりさんへ5回目(商品の機能)のハガキを送ってください
•佐藤京子さんへ6回目(続ける理由)のハガキを送ってください
という本日行わなければいけない作業が一覧表で表示されます。

あなたは、この画面に表示されている作業を淡々と行うだけなのです。

ですから「あっ、田中洋子さんへ送る作業を忘れた!」というミスを防ぐことができるのです。

お客様の数が少なければ1日の作業も少ないので、作業の管理は手作業でも可能でしょうが、お客様の数が数千人とか数万人になれば、1日に数百件の作業が発生するでしょうから、手作業では不可能でしょう。

顧客サポートシステムであればお客様の件数に制限はありませんし、1日に行う作業の件数にも制限がありませんので安心です。

お客様にリピートしていただく秘訣は、
「こちら側がお客様に対してきちんと毎日のフォローを実行すること」に尽きます。

そこで、あなたにも顧客サポートシステムの便利さを実感していただきたいと考え、
「30日間の無料でお試しできる体験コース」をご用意しました。

こちらから「顧客サポートシステム 30日間無料お試し版」をお申込みください。

無料体験版はこちら

あなたの会社のリピート率アップのお手伝いができたらこんなに嬉しい事はありません。

矢野芳幸